Physamajig

Physamajig 1.04

楽しくて物理の勉強にも! 2D空間に図形や絵を描き入れて落としたり転がしたりできるエンターテイメントアプリ

Physamajig(フィザマジッグ)は、2Dの空間に図形や絵を描き、それを物理法則にのっとって動かせるお絵描き/学習アプリです。空間内には「重力」や働いていて、物を上に描けば下に落ち、何かにぶつかれば跳ね返ったりバタンと倒れます。お絵描きだけでなくその一歩先の動作まで楽しめるので、エンターテインメントアプリとしても学習アプリとしても使えます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 空間内に自由に図形や絵を描き込んで動かすことができる
  • ある程度物理法則通りに動く
  • 弾力や摩擦力を調節したり、空間内に力を加えることができる

反対票

  • 完全に物理法則に忠実という保証はない
  • お楽しみ用アプリなので物理の本格的な学習には向かない

とても良い
8

Physamajig(フィザマジッグ)は、2Dの空間に図形や絵を描き、それを物理法則にのっとって動かせるお絵描き/学習アプリです。空間内には「重力」や働いていて、物を上に描けば下に落ち、何かにぶつかれば跳ね返ったりバタンと倒れます。お絵描きだけでなくその一歩先の動作まで楽しめるので、エンターテインメントアプリとしても学習アプリとしても使えます。

Physamajigは、何もない空間かサンプルの空間からスタートできます。まずはToolsで描画ツールを選び、空間上に〇、ジョイント、■など好きな形などを描きます。図形(オブジェクト)が出来上がると物理法則に従って勝手に動き出します。落ちる、転がる、衝突する、揺れる、倒れるなど色々な変化が生じ、見ているだけでも飽きません。動作はPauseボタンで一時停止できます。

オブジェクトについては跳ね返る弾力(Bounciness)や摩擦力(Friction)の程度を0~10で指定できます。また空間内に一方向から力を加えてオブジェクトを動かすこともできます。Physicsツールで空間の下から上に線を引くと、風で舞い上がったかのようにオブジェクトが飛ばされます。元々の空間にいろいろな変化を付けて楽しめるので飽きません。出来上がった空間はアプリ内に保存できます。

Physamajigは楽しみながら物理法則に触れられるアプリですが、物理の心得がある人には多少不自然に映る動きもあるかもしれません。あくまでも知育を兼ねたお楽しみツールですので物理法則についての解説もありません。子どもと使う場合は説明してあげると良いでしょう。

Physamajigは、2D空間に自由に描いたオブジェクトに色々な動きをつけて楽しめるお絵描き/物理学習アプリです。

*注:メトロアプリ(メトロスタイルアプリ)とはWindows 8対応のアプリケーションです。 Windows 7以前の学習ゲームについてはこちら(脳トレ・学べるゲーム教育・学術ソフト)をご覧ください。

— 教育 —

Physamajig

ダウンロード

Physamajig 1.04